TEL LINE

【オスグッド・成長痛】とは?

正式には「オスグッド・シュラッター症候群」と呼ばれる、スポーツをする子どもに見られる症状です。

走る、跳ぶ動作の多いサッカーやバスケットボールなどのスポーツをする、成長期の小学生から高校生に多く見られます。

 

【オスグッド・成長痛】の原因

スポーツによるオーバーユース(使いすぎ)が原因です。

走る・跳ぶ・蹴るなどの動作によって膝を伸ばす働きをする「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」が強く収縮し、筋肉の付着部である、膝下の「脛骨粗面(けいこつそめん)」を強く引っ張ります。成長期には軟骨が骨に変わる時期であるため、この軟骨が引っ張る力に耐えられず、「剥離」(剥がれてしまう)ことにより発症します。場合によっては「剥離骨折」として診断されます。

 

当院の施術方法

使いすぎによって起こる痛みをケアするため、「テーピング 」「サポーター」で固定を行います。

「大腿四頭筋」の硬さに対して「手技療法」「はりきゅう療法」で血流の改善を行います。また、オリンピック選手も使用する「ハイボルト療法」などで痛みを押さえます。

当院へのアクセス情報

所在地〒599-8273 大阪府堺市中区深井清水町4030番地 淀川深井ビル101号
予約予約優先性(インターネット予約)
電話番号072-277-5559
交通事故専用ダイヤル 0120-110-900
駐車場あり(コインパーキング)
休診日日曜日

駅からの道順

改札口は一つです。
改札口を出て右に進みます。

改札を出てすぐ右の方向に進みます。

点字ブロックに沿って階段方向に進みます。

階段を降ります。

階段を降りたら左後方の出口へ進んでください。エレベーターの右横を抜けていきます。

左手の横断歩道を渡り、歩道沿いにまっすぐ進んでください。

左手に当院があります。