TEL LINE

<交通事故での捻挫、打撲、骨折した場合の対処法>

交通事故の強い外力により、首や腰などを捻挫したり、手首や腕の骨折なども発生してしまう可能性もあります。

捻挫で痛みが強い場合、無理をせず安静にして頂き、痛みが強い場所に対してはアイシング(氷で冷やす)をして下さい。また、骨折に関しては、医療機関で精密検査を行うことで早期発見になります。

レントゲンで骨の癒着が確認されると治療が終了になることが多いです。

しかし実際はなかなか交通事故に遭う前の身体の状態に戻るまでには、時間がかかり後遺症などがあるととても辛い状態になります。病院から処方された痛み止めや湿布だけで本当に元通りになるのだろうか?と心配な方は当院にご来院下さい。交通事故前の日常生活に戻るには、根本的な治療とリハビリがとても重要になります。

 

<交通事故での捻挫、打撲、骨折へのアプローチ>

骨折の状態が悪い場合は手術を行うことがありますが、レントゲン等で検査・確認をし、安静にしていれば骨が自然とくっついてくると診断された場合は、ギプスで負傷した患部の固定を行います。

一番最初に整骨院にお越しいただいても、骨折や捻挫の治療を行うことはできるのですが、レントゲンやMRIといった精密検査は行えませんので、医療機関で骨に異常がないかを検査していただけたらと思います。

医療機関で湿布や痛み止めをもらいながら、リハビリや運動療法を中心とする治療を整骨院で受けることが可能です。

当院の交通事故のリハビリは、電気を当て患部を温めるだけではなく、深部の筋肉調整を用いた治療を行い、怪我をしていた部位が完全に治った後、日常生活を問題なく過ごしていただけることを目的としております。

 

<交通事故での捻挫、打撲した場合の当院での治療法>

<骨折と骨折後の治療法>

 医療機関で骨折などの診断名が出た場合は、医療機関で経過を診ながら通院することが必要です。 ただし、医療機関で施したギプスが外れた後は、本来の身体の可動域を回復させるためのリハビリが必要になります。整骨院では、手技や筋力トレーニング、ストレッチを行う事によりリハビリが可能です。医療機関で経過を確認しながら、整骨院でのリハビリと併せて通院する事をオススメします。

<捻挫、打撲の治療法>

よく「捻挫なんて放っておけば治る」とおっしゃる方がいますが、それは基本的には間違いになります。

確かに痛みは引いてきますが、深部の靭帯や筋肉が伸びたままの緩んだ状態で放置されてしまい、捻挫の“くせ”がついた関節になってしまいます。そのくせの定着を防いだり、日常生活に支障を出さないようにしたりするため、早期に治療を開始することが大切です。

当院では交通事故後に捻挫を負ってしまった方に対して、早期改善を目的とした根本的な施術を行います。

交通事故の症状でお悩みの方は交通事故の治療が得意な当院まで!!

※辛い後遺症を残さない為にも一人で悩まずご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒599-8273 大阪府堺市中区深井清水町4030番地 淀川深井ビル101号
予約予約優先性(インターネット予約)
電話番号072-277-5559
交通事故専用ダイヤル 0120-110-900
駐車場あり(コインパーキング)
休診日日曜日

駅からの道順

改札口は一つです。
改札口を出て右に進みます。

改札を出てすぐ右の方向に進みます。

点字ブロックに沿って階段方向に進みます。

階段を降ります。

階段を降りたら左後方の出口へ進んでください。エレベーターの右横を抜けていきます。

左手の横断歩道を渡り、歩道沿いにまっすぐ進んでください。

左手に当院があります。