TEL LINE

腱鞘炎ってどんな症状?

腱鞘炎は、筋肉と骨を繋ぐ腱(けん)の周囲を覆い、包んでいる腱鞘(けんしょう)と呼ばれる部分の炎症です。

症状は肘から手指にかけて、特に手首や親指の痛みと腫れがあり、動かし辛さも見られます。

ひどい場合は食事の際にお箸を持てなかったり、ちょっとした動作で痛みを誘発してしまいます。

原因としては、指や手首の使いすぎです。腱が固まってしまい腱鞘に擦れてしまうことで炎症が起こります。

スマートフォンやパソコンをよく使う人や、手首に負担のかかる力仕事をする人、お子様の子育てでだっこをよくする人、などが症状の出やすい方です。

初期症状はそこまで強い痛みではないですが繰り返し痛めてしまうことでどんどんと悪化してしまいます。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

特に親指を酷使する人に見られる腱鞘炎の一種です。

スマートフォンの普及により、片手の親指を使って携帯を操作することが増えました。以前に比べて指や手首にかかる負担が増しやすくなっています。

親指に繋がる腱が、手首の骨と手首を取り囲む靭帯に挟まれて発症してしまいます。症状は女性に多く見られます。

親指を他の4本の指で握り込んだまま、手首を小指側に倒す動作で、親指の背側に痛みが増強されます。

ばね指(弾撥指)

指の使い過ぎによる腱鞘炎の一種です。

指の腱と、その腱を束ねている腱鞘とが擦れて炎症を起こした状態です。

指を曲げ伸ばしする際に引っ掛かりがあり、ばね仕掛けのようにカクカクと動く際に引っ掛かる症状が見られます。親指、人差し指、中指の手の平側に痛みを感じることがあります。

腱鞘炎をそのままにしない為に

腱鞘炎は、日々の生活や仕事上の動作の積み重ねで発症することがほとんどです。使い過ぎが原因となることが多く、安静にしなければ中々痛みが変化しないこともあります。

使いすぎないよう、固定や安静も大切ですが、使わなくなってしまうと関節が硬くなってしまう為、バランスがとても大切です。

症状が治らない場合、擦れて厚くなった腱鞘を手術することもあります。

 

ループクエストグループの腱鞘炎施術について

親指や手首の痛みに対しては、指を動かす筋肉と腱、腱鞘に対して「マッサージ施術」や「鍼灸施術」を行い、「ハイボルト施術」で炎症を鎮めます。

ハイボルトというのは特殊な高周波電気を流すことのできる機器で、ケガや急な痛みに用いられる電気施術です。

腱鞘炎の痛みはもちろん様々な急性症状や炎症を鎮めるためにプロスポーツの現場でも使用される特殊な機器です。

また、使いすぎを防ぐ為、テーピングなどの固定を行います。

猫背などの不良姿勢によって、肩甲骨から腕、前腕への負担を減らす為、根本治療として「猫背矯正」や姿勢の土台となるインナーマッスルを強化する為、「楽トレ」で姿勢に対してのアプローチも行います。

腱鞘炎は多くの患者様から喜ばれ、信頼されているループクエストグループでしっかりと治療しましょう!!

当院へのアクセス情報

所在地〒599-8273 大阪府堺市中区深井清水町4030番地 淀川深井ビル101号
予約予約優先性(インターネット予約)
電話番号072-277-5559
交通事故専用ダイヤル 0120-110-900
駐車場あり(コインパーキング)
休診日日曜日

駅からの道順

改札口は一つです。
改札口を出て右に進みます。

改札を出てすぐ右の方向に進みます。

点字ブロックに沿って階段方向に進みます。

階段を降ります。

階段を降りたら左後方の出口へ進んでください。エレベーターの右横を抜けていきます。

左手の横断歩道を渡り、歩道沿いにまっすぐ進んでください。

左手に当院があります。